リングフィットの楽しみ方

リングフィットで本当に痩せられるの?リングフィットダイエットのメリット3つ、教えます!

リングフィット、ダイエットに効果があると聞いて始めた人、始めようとしている人も多いでしょう。私もその一人です。
さて、それでは実際にリングフィットで痩せられるのでしょうか?
リングフィットの累計プレイ日数が200日を越えようとしている今、私が感じたリングフィットでダイエットできるのか?についての1つの回答と、リングフィットでダイエットするメリットについてをまとめました。

別に、リングフィットでなくても痩せられる

いきなりですが、リングフィットを継続してきた今の感想としてはこうです。

「別にリングフィットでなくても、痩せられる」

これは、「リングフィットでは痩せない」ということではありません。
「リングフィットでないと痩せられない、ということはない」というのが正しいです。

 

では何故、リングフィットで痩せたのか?

しかし実際、私はリングフィットを始めて半年で、7キロほど体重を減らしています。
これは「リングフィットで痩せた」のではないか?と言われると、確かにその通りです。
ですが、「別にリングフィットでなくても、痩せられた」とも思うのです。

どういうことかというと、
「運動なり筋トレなりすれば、痩せられた。やり方はなんでも良かった」ということです。
リングフィットで動き始めるまで、本当になーんにも運動していなかったので…。

たまたまリングフィットが運動を始めるきっかけになったのであって、リングフィットでなくても、運動を始めるだけで体重を落とすことが出来たはずです。
別にそれが、エアロバイクでもジョギングでも踏み台昇降でも、なんでも良かったのです。

 

でもやっぱり、「リングフィットでないと痩せられなかった」

それでもやっぱり思うのです。
「リングフィットでないと、痩せられなかった」と。

リングフィットで出来る運動自体は、決して特殊なものではありません。別にリングフィットでなくても出来る運動も多いです。
リングコンを使って運動をすることに、何か特別な魔法があるわけではないのです。

ではリングフィットには意味がないのか?というと、そんな事はありません。
リングフィットは「運動を始めるきっかけ」であり、「運動を続ける理由」であるからです。

 

リングフィットでダイエットするメリットとは

先に述べたように、私にとってのリングフィットは「運動を始めるきっかけ」であり、今は「運動を続ける理由」となっています。
リングフィットがなければ運動を始めることはなかったでしょうし、運動を続けることも難しかったと感じています。

つまり、リングフィットでダイエットするメリットはリングフィットでできる運動そのものではなく、リングフィットが持つ「仕組み」にあると思うのです。
リングフィットでダイエットするに当たり、メリットを感じている点(=仕組み)が大きく3つあります。それぞれ詳しく説明します。

「ゲーム性がある」ゲームであることで、楽しみながら運動できる

これは一番分かりやすいメリットですね。そもそもそういうコンセプトで開発された「ゲーム」なわけですし。
私もゲームが好きだからこそ、ゲームだったら続けられるかも!と思ってリングフィットを手に取るに至りました。これがゲームでなかったたら、始めることもなかったかもしれません。

アドベンチャーモードは一般的なRPGと同様に、ストーリーやレベルアップ、装備やアイテムの収集などを楽しむことができます。
ミニゲームやリズムゲームもその名の通り「ゲーム」ですし、リングくんが掛け声で励ましてくれるのもゲームだからこそです。

ただ単に黙々と運動、筋トレすることは、辛いです。出来る人には出来るのでしょうが、出来ない人には出来ません。私は出来ない人でした。
リングフィットはそういう「出来ない人」にも、運動の楽しさを教えてくれる力があります。

「記録が残る」努力の積み重ねが数字で残る

これも分かりやすいメリットでしょうか。
リングフィットはプレイ日数(アドベンチャーモードとカスタムモードで別々にはなりますが)、運動時間、消費カロリー、走行距離、フィットネスをこなした回数などが自動的に記録されていきます。

続ければ続けるほど数字がどんどん大きくなり、自分の今までの努力が可視化されていきます。気がつけばこんなに!と驚くこともしばしば。
自動的に記録されるので、記録忘れということが起こらないのも嬉しい点です。

「プレイヤーの一体感」努力の共有が簡単にでき、励まし合いが活発

3つ目のメリットです。
プレイ前には想像していませんでしたが、これが一番のメリットなのでは、と今では思っています。

このように、リングフィットはTwitterなどのSNSにスクリーンショットをアップして、プレイ状況を共有することができます。私もプレイした日はほぼ必ずアップしています。
ゲームのプレイ状況をスクショでアップするなんて、今となっては当たり前に誰でもやることです。
ですがそれをリングフィットで行うことは、ただプレイ状況を共有するだけに留まりません。

例えば私はリングフィット以外の運動もしていますが、運動をしたことは「〇〇の運動、●分」としか書きようがありません。運動内容も毎日同じなので、書くことも変わらず…。
見た人も、「ふーん、頑張ってるなあ」以上の感想を抱くのはなかなか難しいでしょう。

リングフィットではスクリーンショットで簡単に、その日の運動時間、消費カロリー、運動内容、プレイ画面などを共有することができます。
そこまでなら「〇〇の運動、●分」と書くのとさほど変わらないでしょう。
しかしそのスクリーンショットを見たプレイヤー同士は、「その人が今日どれだけ頑張ったのか」をとても具体的に想像することができます。これは、他の運動ではなかなか出来ないことです。

「プランク辛いのに1000回達成したんだ、すごい!」「あのマップ辛いよね、分かる分かる」「1時間超えのプレイ、頑張ってるねー!」などと、スクショ1枚からその人の頑張りを想像することができます。
また自分自身も、「マウンテンクライマー無理!」「足スキル縛り辛い!」「パラシュート難しい!」「リズムゲームで腕が死んだ」という辛さ、
「舟のポーズが出来るようになった!」「ドラゴ倒した!」「負荷を1つ上げた!」「クリアした!」「パーフェクト取った!」という進歩などを、たった一文で簡単に他の人に伝えることが出来ます
上記のコメント、プレイヤーが見たら「分かるわー!大変だよね!頑張ったよね!」となるはずです。

たとえ負荷設定が違っていても、感じる辛さは皆同じ。
相手の頑張りを具体的に想像でき、自分の頑張りを他の人と共有出来ることで、お互いに声をかけたりTwitterでいいねをしたりと、プレイヤー同士でワイワイと言いながら励まし合うことが出来ます。
プレイヤー同士で一体感を感じることは、プレイのモチベーション維持に大きな力となってくれます。




リングフィットが「運動を始めるきっかけ」であり、「運動を続ける理由」であるわけ

話が最初の結論に戻りますが、私は「リングフィットは「運動を始めるきっかけ」であり、「運動を続ける理由」である」と思っています。
何故そう思うのか、先程述べたメリットを踏まえて言い換えると、つまりこういうことです。

  • ゲームが好きだから、ゲームで痩せられるなら…とリングフィットを手に取ったことが「運動を始めるきっかけ」になった
  • ゲーム性を楽しみながらプレイでき、数字の積み重ねにワクワクし、他のプレイヤー同士ワイワイと励ましあえることが「運動を続ける理由」になった

また「別にリングフィットでなくても、痩せられる」と言いました。リングフィットでなくても痩せられる人は、以下のような人です。

  • きっかけがなくても、自主的に運動を始められる
  • 一人で黙々と運動を継続できる

こんな人は、別にリングフィットでなくても痩せられるでしょう。でも私には無理でした。
リングフィットというきっかけがなければ運動を始められなかったでしょうし、たとえ始めたとしても継続できなかったはず。

だからこそやっぱり思うのです。「リングフィットでないと、痩せられなかった」と。
ミブリさんたちも応援してくれますしね!

 

リングフィットがあるから、他のことだって続けられる

今の私は、リングフィットきっかけで運動を始め、リングフィットがあることで運動が継続できています。
その土台があることで、リングフィット以外の運動なども継続できるようになってきました。「リングフィットがある」という後ろ盾があってこその継続です。
リングフィット以外の運動で痩せたとしても、やっぱりこれは「リングフィットがあったから痩せられた」なのだろうと思っています。

リングフィットをやっていることが、一種のお守りのようになっていると言えるかもしれません。
他のことをやっても、いつも帰るところ、マイホームがリングフィットなのです。

 

Twitterでお待ちしています、一緒に頑張りましょう!

リングフィットでダイエットしたいと思っているならば、リングフィットのメリット3つ目を活用しないのはもったいないです。
アカウントを作りたくない、自分でスクショをアップするのはちょっと…などという場合は、「リングフィット」で検索して他の人のプレイを見るだけでも、力になります。
Twitter以外のSNSなどもありますが、一番リアルタイムに盛り上がりが見られるのはやっぱりTwitterかなと思います。スクショも上げやすいですし、いいねでの励ましも簡単にできますしね。

リングフィット、今はブームが続いているので一緒にワイワイ出来る人も多いですが、来年再来年と時が経つにつれ、今ほどの盛り上がりはなくなるかもしれません。
それでも常に頑張っている人たちは居続けるはずです。私ももちろん続けます。

他の人のリングフィットの話がみたいな〜話がしたいな〜と思ったときは、Twitterでお待ちしています。
沢山の人がワイワイ盛り上がっているのを見るだけでも楽しいので、そのワイワイを遠くから見るもよし、加わるもよし。
盛り上がりを利用して、楽しみながら頑張りましょう!

-リングフィットの楽しみ方
-, ,

© 2020 リンダイ-リングフィットでダイエット