用意したい関連アイテム

Kindleで読書しながらリングフィットをプレイする、一石二鳥の「ながら」習慣

ここしばらく、リングフィットをプレイするときに Kindleタブレットを使って本の読み上げ機能で読み上げ音声を聞きつつプレイしています。
リングフィットと一緒に読書もできてまさに一石二鳥の「ながら」習慣!
実際に、私がどんなふうにプレイし「ながら」読書しているのか、実例をまとめてみました。

用意するもの

  • リングフィット
  • Kindleタブレット
  • ワイヤレスイヤホン

Kindleタブレットにワイヤレスイヤホンを接続して準備完了。
あとはKindleタブレットでKindle本を開き、
音声読み上げ機能で音を流せばOKです。
詳しい手順は調べればたくさん出てきます。
このブログでも一度書いていますので、よければそちらも参考にしてみてください。

関連記事
運動習慣と読書習慣を結びつけたい!ジョギングモードと読書を同時に楽しむ方法

続きを見る

 

Kindleタブレットでなくとも
AndroidやiPhone、iPadでも音声読み上げは可能なのですが、
Kindleタブレットは本体機能として音声読み上げがデフォルトで可能で、
操作が一番簡単なのでオススメです。
罠なのですが、Kindle Paperwhiteは音声読み上げがついていない(らしい)ので、音声読み上げ目的で買う場合は要注意です。

 

電車の中などで読むときの事を考えると
ケースがある方が見た目が良いので、ケースも買いました
純正ケースはちょっとお高いので、安いものを使っています。

 

イヤホンはワイヤレスイヤホンが、プレイの邪魔にならないので良いです。
今は耳に突っ込むだけのタイプを使っています。
なぜなら線ありのイヤホンを、猫に齧られて2回ほどダメにしているからです…置きっぱなしにしていた私が悪い。猫は悪くない。

なぜ読書が捗り始めたのか

先に書いたように、以前からKindleでの音声読み上げでの読書は使っていました。
ですが、以前書いたとき以上に最近は読書が捗りに捗っています。

捗っている理由として、
Kindle Unlimitedに加入したことがとても大きいです。

Kindle Unlimitedは、指定の本が定額読み放題になるサービスです。
先日、3ヶ月間99円になるという割引セールを行っていたので、久々に加入してみました。

いろいろと面白い本が揃っていて、良い読書体験が出来ています。
Kindle Unlimitedで読んで良かったので、手元においておこうと結局買ってしまったり、対象外で読めないからと買った本も増えているので、
結局99円以上に出費が増えているのは笑い話。

月替りや日替わりセールもこまめにチェックして、
そこでもちょこちょこ買っています。
紙の本も買いますが、読みたい時にすぐ買える、音声読み上げで読める、という理由で
最近買う本はKindleにかなり偏っています。

耳で聞きながらリングフィットでやっていること

では実際、耳で読書しながらリングフィットで何をやっているかと言うと、
何でもやります。
カスタムはもちろん、アドベンチャーモードだってやっちゃいます。

リングくんの声が遠くなりますが、声が聞こえなくてもタイミングは画面で分かるので問題ないです。
プランクなど、画面から目線が外れるものはちょっと難しくなりますが、
体がタイミングを覚えているので意外と支障はなかったり…。

なぜ「ながら」がリングフィット習慣化に繋がるのか

そんなこんなで読書し「ながら」のおかげもあって
毎日のリングフィットのプレイがより楽しみになりました。

リングフィットをプレイする時には読書ができる、という楽しみがプラスされるので、
リングフィットプレイ自体も楽しくなってきます。

デメリットとして
運動への集中力が下がる、ということがありますが、
集中力が下がることよりも
習慣が続くことのほうが優先順位が高いため、
習慣化効果の方を取っています。

リングフィットがなかなか習慣化できず続かない、
リングフィットのプレイがマンネリ化している、
読書も習慣化したーい、という方は
是非一度お試し下さい。オススメです!

-用意したい関連アイテム
-,

© 2021 リンダイ-リングフィットでダイエット